中小企業庁より、ものづくり補助金の採択を受けました

令和4年6月~7月ごろに弊社で導入する現場にてタイヤ交換可能なロードサービスカーにつきまして、今般中小企業庁より、ものづくり補助金の採択を受けました。当サービスカーは東海道新幹線のぞみN700Sでも採用されている超高性能な東芝製のリチウムイオン2次電池「SCiB」が搭載されており、走行中に走行エネルギーを回収し、そのエネルギーを用いて発電機による排気を無くしクリーンなエネルギーでタイヤ交換が可能な、革新的なロードサービスカーとなります。

弊社HPでもご紹介をさせて頂いておりますが持続可能な開発目標(SDGs)を達成に貢献するため、ゴール目標の9番、11番に寄与するものとして取り組みを続けて参ります。参考URL:https://furuhashi-tire.jp/sdgs/

当サービスカーは、乗用車用タイヤチェンジャー、トラック用タイヤチェンジャー、乗用車用ホイールバランサーを搭載し、多方面のご要望にお応えできるものとなっております。

また、蓄電されたエネルギーを用いることで、発電機やエンジン音など騒音の低減効果も高く、作業する近隣の住民の方へのご迷惑を少しでも無くすことや、弊社社員のストレス低減にも貢献できるものとなります。

弊社のタイヤチェンジャー付きロードサービスカーは、当補助金による導入車両を含め合計5台となりました。お客様のお役に立てるようこれからも努力を続けて参ります。

何卒宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。